初夏にふさわしいメルスリーセット♪



3月の買付で真っ先に出かけたのはパリ郊外の蚤の市。

入場料を1000円ほど払って入る骨董市なので、必然的に
良いものばかりが並ぶのだけれど、いずれも高価すぎて手が出ない。。。


が、とあるお店のショーウインドーに目が釘付けになったのは
こちらのレース。


d0295094_18152170.jpg



d0295094_18153148.jpg




大好きなアイリッシュクロッシェレース、
かなりの細番手の糸でとてもきれいにカッチリと編まれた極上レース。


店主に聞くと未使用のお品とのこと、
きっとペチコートの裾などに取り付けるために編んだのでしょう・・・


d0295094_18171376.jpg



d0295094_18154235.jpg



クロッシェレースは糸が太いともったりして野暮ったいけれど、
細ければ細いほど繊細で美しく、
まるで「レースの彫刻」のように見えるから好きなのです。。。



d0295094_181963.jpg



d0295094_18193176.jpg




幅は15cmほどもあり、これを2m弱編むといったらどれだけ時間がかかる?

と、思うと、昔の人の根気強さに頭が下がりますネ


d0295094_18253295.jpg



19世紀末ごろのお品ですので100年以上の前のレース、
未使用ですが経年による色づきが若干あります。

漂白すれば真っ白になるけれど、それはちょっと味気ない。。。

ということで、お洗濯もせずこのままで^^


d0295094_19283939.gif




そして、今まで何度か御紹介している極小ビーズの束。

d0295094_1827636.jpg



d0295094_18271719.jpg



今回は、くすんだ水色といったらよいかしら、
微妙なニュアンスの美しい束に出会いました♪

また、これを1本1本ほどかなきゃ、と思うとちょっと気が遠くなる・・・笑

でも、ビーズも玉が小さければ小さいほど美しいのですよ~

こちらも19世紀の古いビーズで、今はもう作ることができない
貴重なお品です。


d0295094_19283939.gif



そして、こちらは南仏の蚤の市で出会ったハンドメイドのモチーフ。


d0295094_18311483.jpg




こんなとびっきりのお品にまだまだたくさんのレースやボタンなどをプラスして
初夏にふさわしいハンドメイドのセット『Blue & White set 2016』を
作りたいと思っています♪

御紹介は来週半ばぐらいになりますでしょうか、
どうぞお楽しみに~!











d0295094_19283939.gif

[PR]
by gofavorite2 | 2016-05-07 18:41 | ソーイングアイテム